FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホタルノヒカリ

昔は、地元にはたくさんいたホタルですが、最近はさっぱり見なくなりました。


先日、石川県との県境のあたりに行くことがあり、運転に疲れたので少し休もうと思い
車を止めライトを消すと、怪しい光が車の前を横切る・・・・

近くには、火葬場もある場所だったので、「ついに生まれて初めて見てしまった!!!!」
と思ったのですが、車を降りてみると


ホタルノヒカリ

蛍がいっぱい飛んでました!!!!

喜んで、捕まえてみたのですが、自分が思っていたよりリアルに虫過ぎて、ちょっとひいてしまいました・・・・

あんなにホタルってデカかったでしたっけ????

スポンサーサイト

jeune public

2005年11月27日09:28 分の日記

「今日は朝っぱらからレッスンを受けたあと
そのまま先生のオケの子供のための演奏会(jeune public)を
聞いてきました。

やっぱりフランスのクラシックの演奏会がお客さんで埋まるのは
子供の頃からの投資がしっかりしてるからですね~~

子供のための演奏会とは思えないすばらしい演奏でした。

同じ曲目を月曜日と水曜日に
Theatre des Champs-Elyseesでやるらしいので
暇な方はぜひ聞きに行ってみてください。」


先日、大学時代の先生が演奏会をやるということで、聞きにいってきたのですが、
お客さんの層は、8割がた関係者・・・・

後の2割はトロンボーンを吹いている学生さん。

純粋に音楽を楽しみに来たお客さんはあまりいなかったようです。
パリでも、管楽器だけの演奏会というのはあまり人気がなく、無料のコンサートでも、
教会などでやっているコンサートは、あまりお客さんが入らないことが多かった気がします。

しかし、今僕が住んでいる富山という県は、日本の中でもクラシックの演奏会に対しての興味が薄いことで有名で、興行主が嫌がることで有名だそうです。

何とか、盛り上がってくれるといいのですが・・・・
と、他力本願でいれる立場ではすでにないと思うので、自分でできることからコツコツとやって行きたいもんです。

フランス「ホルン化計画」進行中

2005年11月26日08:02 分の日記

「最近フランスでは国際コンクールに入賞すると
ホルンを始めなくてはいけないらしい???

今日、レッスンを受けにMaison de Radio Franceに行くと怪しいホルンの音が・・・
誰かレッスンを受けに来た学生かと思いきや、覗いてみると
フランスの若手ナンバー1トロンボニスト、アントワンヌ・ガナーイ
じゃないですか!!
トランペットのダビット・ギャリエに続きアントワンヌまでも、ホルンに転向か??
ちなみに2人とも同じ金管クインテットをやってるメンバーです。

そのうちギャリエのクインテットを聞きにいくと
ホルンクインテットになってるかも!

ちなみにレッスンを受けに行ったが、先生が疲れたということで
明日の9時からに変更になりました・・・
音出しの時間も考えると何時に起きればいいんだ~~」


アントワンヌがホルンでデビューする前に、ダビット・ギャリエがトロンボーンデビューしちゃいましたね。

今頃フランスのトロンボーン界はどうなってるんでしょうか・・・・

トロンボーンバスは、マチュー・チュルベさんがリオンのオペラ座に入ったそうですね。
4~5年後にあるパリ管の有力候補だそうですが、パリ管のシャルルの前にうちの師匠のやる気がなくなるなんて可能性もあったりして・・・・・
プロフィール

takeshi

Author:takeshi
フランスで7年生息
たぶん今後は日本に生息しちゃうかも・・・・・

広告
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。